パートナーエージェントの噂・悪評集めてみた

パートナーエージェントに悪評ある?噂の検証

 

 

 

結婚相談所は、

 

“中々出会えない”
“契約した途端、コンシェルジュが親身になってくれない…”

 

など、悪印象な評判を耳にすることもあります。

 

パートナーエージェントの公式ホームページによると、
2人に1人はお付き合いをされていて、成功率は驚異の21,2%(2013年の実績)!
※経済通産省の調査による成功率は、男性は、わずか8.4%、女性は10.1%と言われています。

 

その成婚率の高さには

 

目的意識の高い会員と、コンシェルジュのサポート力の高さにあると思います。

 

 

 

  • 年間約1700名以上の成婚数!
  • 活動開始から1年以内に60%以上が成婚!
  • その方に合った厳選されたお相手を紹介!!
  •  

    パートナーエージェント

    >>パートナーエージェントの詳細ンゴwww

     

     

     

     

     

     

     

    パートナーエージェントの《噂》と《実績》

     

    パートナーエージェントの噂・悪評集めてみた

     

     

     

    インターネットで見かけるパートナーエージェントの噂は、、

     

    登録しても放置されるって聞いたけど?

    毎月5人程度紹介してもらえて月1のお見合いがあります!

     

    希望は聞くが紹介された女性が自分の希望が反映されない。

    会員の方の個性や、潜在的にどのようなお相手を求めているか?などの丁寧なコーチングの元、会員の一人ひとりに合わせた、オーダーメイドの結婚支援をしています。また、3ヶ月間の間にお見合いに至らなかった場合は、お見合い保証(返金制度)もあります。

     

    サクラがいるんじゃないのかって思う

    万が一、大手の結婚相談所にサクラがいるとすれば、信用問題にも繋がり、大きな損失にもなりえるため、サクラを用意する必要性も考えにくいです。

     

    20代の会員がほとんどいない

    20代の会員については、U27という特別枠が設けられており、20代から真剣に結婚を考えている会員が登録しています。

     

     

    パートナーエージェントの事実を確かめる

     

    パートナーエージェントで実際成婚された方や、
    友達がパートナーエージェントで成婚した!などクチコミを集めてみました。

     

     

    コーチングにより、
    自覚していなかった自分が必要としている結婚のカタチを気づかせてくれた

     

     

    ご紹介から交際のプロセスまでを、専任コンシェルジュが親身になってサポートしてくれた。
    気になっている人と、どんな風にメールのやりとりすると距離が縮まるのか具体的なアドバイスと提案をしてもらい、その人と成婚できました。
    コンシェルジュのアドバイスに感謝です。

     

     

    ネットの評判は色々あるけれど、婚活友達が成婚した。その現実がすべてだと感じた。

     

     

     

    成婚までのコツ ~60%に入るために~

     

     

     

    その1 ゴールに期限をつける、期間は1年間
    その2 成婚までのコンタクト人数は平均20.5人
    その3 交際人数は5.6人
    その4 専任コンシェルジュのカウンセリング・アドバイスを受ける
    その5 相手を加点評価して接する

     

     

    パートナーエージェント

    >>パートナーエージェントの詳細ンゴwww

     

    新しい出会いをサポートするものが数多くある中で、真剣な交際相手をお探しの方の中には、結婚相談所をご利用になる方が年々、増えきているようです。結婚相談所というと、会員の方の中から、定期的にお相手を紹介されるというイメージをお持ちの方も多いと思いますが。現代の結婚相談所は、進化を遂げており、ご紹介を繰り返し行なうだけではなく、紹介の質そのものが高くなっているという特徴があるのです。入会から交際までの平均的な期間が、なんと3.33ヶ月という実績を誇ります。このように、確かな実績と親身なサポートがあるため、パートナーエージェントに関する悪評はほとんど見かけないという現状があります。専任コンシェルジュは、会員の方を深く理解することを大切にしており、心からのサポートが実を結ぶ結果を出しているため、多くの方から信頼を得ているのかもしれませんね。