パートナーエージェントってブス・ブサイクでもおk?

パートナーエージェントとブス・ブサイク

 

結婚相談所やお見合いで気になるのは、年収や年齢ももちろんですが、やっぱり相手の見た目ですよね。
ものすごく条件が良くても、会って引いてしまうような外見では、セッティングしてもらっても困ってしまいそうです。

自分だって容姿に自信はないけど、相手にはやっぱりある程度求めてしまう!
というのが本音なんじゃないでしょうか。
会ってみてブスだなと思われるのは嫌だけど、ブサイクに会うのはもっと嫌。
ちょっといい感じの人だったら、私もこの人に釣り合うようにならなきゃなーなんて、思うこともあります。

結婚相談所では事前に写真で決める場合が多いですよね。
これって、ブス系の私には不利だななんて思うこともあります。
写真写りが悪いとか、会ってもらえたらもっと違う印象なんじゃないかとか…。

パートナーエージェントでは、実際に会うまで相手の顔はわからないそうです。
リスクが高い!とも思うけど、それは相手も同じなんですよね。
どんな人が来るのかはその瞬間までわからないというのも、けっこう面白くないですか?
緊張した顔の時はなんだか怖そうだったけど、打ち解けた時の笑顔がステキだった、なんてこともありますし。

写真があると事前にあれこれ想像しちゃいそうなので、ぶっつけ本番だと人間的スキルも磨かれそうです。
なんだか企業面接みたいですね。
若いころを思い出して、ドキドキしながらその日に備える。
相手も同じだとすると、なんだか楽しいですね。